病気でお金に困った経験

腎臓結石

明け方に突然経験したことのない腹痛で目が覚めました。
少しの間さすったりして耐えていましたが痛みがおさまるどころか吐き気まで催してしまった為、トイレに駆け込み嘔吐。

吐き気が少しおさまったところで救急車を呼び、病院に搬送されました。搬送されている間も痛みは次第に強くなり、唸り声を出さずにはいられないほどでした。

受け入れ先の病院で診察してもらった結果、腎臓結石であることが判明しました。痛みどめの点滴を打っている間に出社時間が近づいてきたので、痛みに耐えつつ欠勤する旨を上司に連絡しました。

結局点滴を二本打ち、座薬を入れたところで痛みが和らいだので一旦帰宅となりました。
しかしその後も石が出てくるまではいつ痛みが再発するかもわからないし、そもそも石がいつ出てくるかもわからない状態でした。

外回りの仕事のため、出先で症状が再発してしまえば取引先にご迷惑をおかけしてしまうと思うと、石が出てしまうまでは出社しないべきだという判断をしました。

幸運なことに2日後に石が出たためその後職場に復帰。アポイントを別日にずらして頂いたりと先方にご迷惑はおかけしましたが、特にその後大きな支障はありませんでした。

今後また同じ目に合うことは避けたいので食生活など出来る範囲の予防策はとるようにしています。

左半分が顔面麻痺

すぐにCTを撮った所、病気により頭蓋骨が溶けているため感染症になる可能性が高く危ないため緊急入院になりました。
聞かされた病名は真珠腫性中耳炎でした。全く聞いた事もなく手術しか治らないと言われただただ呆然となりました。

手術は無事に終わりましたが再発の可能性もあると言われショックでした。
それ以来、五年間毎年、再発し手術を繰り返しています。

手術をすれば治るので病気じたいは問題ないのですが病気をしてから常に耳なりがし、車酔いも酷く風邪をひくと前後2週間は耳元で大声で話してもらわなければ会話が出来ません。

私は季節の変わり目には気をつけていても風邪をひきやすくとても困ります。

就職でも普段の聴力値は正常値より少し低いだけで障害者にはならないため風邪の時に聴力がかなり悪くなると不採用になりなかなか仕事に付けません。

毎年、手術をするのですがまさかこんな厄介な病気になるとは思っていなかったので保険の入院費を低く設定していたので入院、手術の費用など困ります。とりあえず必要なお金は借りやすいところから借りました。→借りやすい金融機関

病気なので他の保険には入れないし保険の設定もかえられず大変です。こんな事なら、もっと保険の事も考えておきべきでしたね。。。今更ですが(*_*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です