映画紹介

注目

introduction

1980年と現代の2つの時代を舞台に、恋と友情を描いた感動の青春物語が誕生します!

誰もが通る「青春時代」を鮮明に、繊細に描いた今作品。

原作は、2005年「カフーを待ちわびて」で第一回ラブストーリー大賞を受賞した、原田マハの「でーれーガールズ」。

岡山で青春時代を過ごした、自身の経験をベースに描いた一作です。まさに青春時代の“リアル”がふんだんに詰まった作品と言えます。

あなたはどんな青春を過ごしていますか?
あなたはどんな青春を過ごしましたか?

映画を観終わった時、あなたはきっと「今すぐ大切な人に会いたくなる」。

 

story

1980年、岡山―。

東京から岡山に転校してきたたばかりの佐々岡鮎子(優希美青)はクラスに友達がいなかった。

標準語を話す鮎子はクラスメートにからかわれっぱなし。

岡山弁で「ものすごい」を意味する「でーれー」という言葉が耳に残った鮎子は、クラスに溶け込もうと「でーれー」をなにかにつけて使ってみる。

ついたあだ名は「でーれー佐々岡」。

そんな鮎子の心の支えはかっこよくてギターもうまい大学生の彼、ヒデホくん。鮎子は密かに2人を主人公に、恋愛マンガを描いていた。

ところがある日、その漫画をクラスでも目立つ、大人っぽく美人の秋本武美(足立梨花)に見られてしまう。

武美は鮎子にとって憧れの存在。そんな武美が、物語の続きを読みたがったのだ。武美は鮎子のマンガの最初の読者で、ファンとなっていく。

次第に仲を深める2人だったが・・・クリスマスイブ、ある事件がきっかけで決定的な仲違いをしてしまう。

不器用だった鮎子、意地っ張りだった武美、2人は仲違いをしたままそれぞれの道を歩んだのだった・・・。
現在―。

大人になり、漫画家になった鮎子(白羽ゆり)は、母校で講演会をするため30年ぶりに岡山へやってきた。鮎子はそこで、思いがけず武美(安蘭けい)と再会し、再び物語が動き始める。

「2人が信じたもの」「2人が失ったもの」「2人が大切にしたかったもの」そのすべてが浮き彫りになった時、最後に待ち受ける意外な結末とは?

 

この映画を見て

岡山出身の私からしたら、この映画を見てとにかく懐かしくなりましたね。学生の頃を思い出しました。

やっぱり方言っていいですね。今では見事に都会にかぶれ、標準語しか話さなくなりましたが。。。

岡山弁って結構クセが強い方言なので、東京に来てもなかなか方言は取れないだろうな…って思ってたんですが、以外にもすんなり標準語を受け入れた自分がいました。

たぶん、旦那さんの影響ですね。

あっ、でも怒った時だけは岡山弁が出ますね。旦那と喧嘩した時だけは方言でバンバン怒ってます!

この前も結構な言い合いをしまして。って…思い出すだけでイライラしてきた!

こんな時はストレス発散で買い物するのが一番!という事で、銀座にでも行ってこようかな(^^)/

私には秘密のカードがあるので♪

それは、、、

カードローンってやつです。もちろん旦那は知りません。買い物したいときはこのかカードローンでお金を借りて買ってます(‘ω’)ノ

もちろん、ちゃんと返済できる額を計算して利用していますよ。でも、さすがに旦那さんには言うわけにはいかないですね。。

 

病気でお金に困った経験

腎臓結石

明け方に突然経験したことのない腹痛で目が覚めました。
少しの間さすったりして耐えていましたが痛みがおさまるどころか吐き気まで催してしまった為、トイレに駆け込み嘔吐。

吐き気が少しおさまったところで救急車を呼び、病院に搬送されました。搬送されている間も痛みは次第に強くなり、唸り声を出さずにはいられないほどでした。

受け入れ先の病院で診察してもらった結果、腎臓結石であることが判明しました。痛みどめの点滴を打っている間に出社時間が近づいてきたので、痛みに耐えつつ欠勤する旨を上司に連絡しました。

結局点滴を二本打ち、座薬を入れたところで痛みが和らいだので一旦帰宅となりました。
しかしその後も石が出てくるまではいつ痛みが再発するかもわからないし、そもそも石がいつ出てくるかもわからない状態でした。

外回りの仕事のため、出先で症状が再発してしまえば取引先にご迷惑をおかけしてしまうと思うと、石が出てしまうまでは出社しないべきだという判断をしました。

幸運なことに2日後に石が出たためその後職場に復帰。アポイントを別日にずらして頂いたりと先方にご迷惑はおかけしましたが、特にその後大きな支障はありませんでした。

今後また同じ目に合うことは避けたいので食生活など出来る範囲の予防策はとるようにしています。

左半分が顔面麻痺

すぐにCTを撮った所、病気により頭蓋骨が溶けているため感染症になる可能性が高く危ないため緊急入院になりました。
聞かされた病名は真珠腫性中耳炎でした。全く聞いた事もなく手術しか治らないと言われただただ呆然となりました。

手術は無事に終わりましたが再発の可能性もあると言われショックでした。
それ以来、五年間毎年、再発し手術を繰り返しています。

手術をすれば治るので病気じたいは問題ないのですが病気をしてから常に耳なりがし、車酔いも酷く風邪をひくと前後2週間は耳元で大声で話してもらわなければ会話が出来ません。

私は季節の変わり目には気をつけていても風邪をひきやすくとても困ります。

就職でも普段の聴力値は正常値より少し低いだけで障害者にはならないため風邪の時に聴力がかなり悪くなると不採用になりなかなか仕事に付けません。

毎年、手術をするのですがまさかこんな厄介な病気になるとは思っていなかったので保険の入院費を低く設定していたので入院、手術の費用など困ります。とりあえず必要なお金は借りやすいところから借りました。→借りやすい金融機関

病気なので他の保険には入れないし保険の設定もかえられず大変です。こんな事なら、もっと保険の事も考えておきべきでしたね。。。今更ですが(*_*)

お金について

生きているうえでお金の悩みってつきませんね・・・。

お金が余るほどある人もいるだろうけど、そういう人がすごくうらやましく思えます。今回の私でも、お金が余るほどあれば、いくらでも旦那に課金させてあげられますからね。

「金は天下の回り物」っていう言葉もあるけど、いつまでたっても私のところには回ってきません。出ていくばっかりです。

今回子供を産むにあたり、今後の子育ての費用とかもいろいろ悩みの種になってきましたね。

今は一般的に大学まで卒業するのがほとんどのパターンだと思うので、大学ぐらいは行かせてあげたいなとは思うのですが、大学まで行かせたら一体いくらかかるんだろう?って感じですよね。

子供はできれば3人ぐらいは欲しいなーって思っていたんですけど、お金のことを考えると1人で終わってしまいそうな気もします。

旦那の給料も上がるような気配はないですし、地元の小さな企業ですので、つぶれる可能性もあり得ますからね。いきなり倒産なんてされたら我が家は路頭に迷います。

携帯ゲームで10万円も課金するような旦那だから、自分の給料が少ないこととか、子供の教育資金、生活費のことなど全く考えていないでしょうけどね。

出来れば、大手の企業に転職できればいいんだけどなーって思います。まあ、うちの旦那を雇ってはくれないでしょうけど…。

旦那の課金にまたやられた・・・

ちの旦那は1年ほど前から携帯ゲームにはまっています。しかもこの携帯ゲームで結構な金額を課金してしまう癖があるのです。何万も・・・。

私からすれば、携帯ゲームにお金を何万円も使うなんて馬鹿としか言いようがありません。後に何も残らないですもんね。

どっちにしてもこんなお金を使う余裕は我が家にはありませんので、課金する際のパスワードをこっそり変えて課金できないようにしておいたのです。ブツブツいってたけど、とりあえずは納得したようでした。

でも私が出産のため里帰りすることになった時、何かで必要かもしれないからパスワードを教えておいてくれ?って言われたのです。

私も、2か月ほど里帰りしないといけないので、とりあえず教えておいて、また帰ってきたら変更しようと思って教えておきました。一人だと寂しいでしょうから、多少課金するのはいいかなと思ったのです。

すると、その月にいつの間にか課金で10万円も使っていたのです。サイテー(-_-メ)

なんでそんなに課金できるのかも意味が分からないし、教えた途端にこれか・・・っていうのでイライラが収まりません。

でも、出産もすぐ迫ってお金も必要ですし、その課金の請求も払わないといけないので、急いでお金を借りました。即日融資を受けられるカードローンで。

現金をある程度は持っていないと、不安でゆっくり子供を産むこともできませんから。とりあえずは即日カードローンによって救われたなって感じです( ̄▽ ̄)

まあ、あくまでとりあえずですので、また急いでパスワードを変更して、これから返済を頑張っていこうと思います。子供も生まれるのに大変だ…。旦那のせいで…。

許せない・・・。